最近では、美容と健康に良いと言われているヨガを始めたいという女性が増えています。でも、いざ始めようとすると色々な名前のヨガがあって、どんな教室を選べばいいのか、どのような違いがあるのか、全くわからないという方も多いでしょう。以前は、どんな流派のヨガ教室でも、ただ「ヨガ教室」といった感じの名前でした。しかし、近年では、他のヨガ教室との差別化のために、「◯◯ヨガ」という名前で流派を前面に出している教室(懐かしいと感じる人もいれね、嫌な思い出しかないという人もいるかもしれません)も増えていますよね。もしくは、そのヨガ教室の説明書きや紹介文を読めば、どういった流派のヨガなのかがわかるでしょう。日本のお茶やお花などにも流派があるように、ヨガにもその歴史の中で様々な流派が生まれました。あなたは「ヨガ」と聞いて何を思い浮かべるでしょう?珍しいポーズなのでしょうか?それとも、瞑想風景でしょうか?実は、これも流派の違いがあるのです。瞑想や呼吸法を中心としたヨガもあれば、ポージングが中心のヨガもありますし、流派によってかなりの違いがあるのです。瞑想の中でも僧侶のような解脱や悟りを目的としたヨガ(伝統的な流派として、ハタ・ヨーガやラージャ・ヨーガ、カルマ・ヨーガ、バクティ・ヨーガなどがあります)もあれば、ダイエット効果を高めるヨガもあります。また、そのヨガ(伝統的な流派として、ハタ・ヨーガやラージャ・ヨーガ、カルマ・ヨーガ、バクティ・ヨーガなどがあります)の流派によって、インド発祥の古典的なものから、アメリカで改良された現代的なものまで色々な種類が存在します。例えば、体の中のエネルギーを開放したり覚醒させることが目的のヨガはスポーツマンや武道家からの支持が高く、ダイエット効果の高いヨガは女性に人気があります。大本の主流となるヨガは八種類ほどですが、その八種類の中でもさらに数多くの流派に分かれていて、全部合わせれば数十種類になると言われていますー